どこで診てもらえばいい?心の病気が疑われる時に


もしかして心の病気?

何かとストレスが多い現代社会、心の不調は誰にでも起こりうる身近な問題です。気分がふさいだり落ち込んでしまったりといった経験をしたことがある人も少なくないのではないでしょうか。それが一時的なものであれば、基本的に大きな問題はありません。しかし一定期間、具体的には2週間程度にわたりそのような状態が続く場合には、医療機関を受診してみた方が良いでしょう。うつ病など心の病気にかかっている可能性があるからです。

精神科と心療内科の違い

心の病気かもしれないと思った時には、専門の医療機関を訪ねてみるのがおすすめです。具体的には、精神科や心療内科といった診療科目を持つ病院やクリニックがこれにあたります。精神科は主に心の症状を対象とし、それに対して心療内科は心が原因の体の不調を扱っています。心が不調になると頭痛がしたりだるさを感じたりといった身体的な症状が現われることも多く、そんな時には心療内科を利用するのがベストです。

受診する前に診療内容を確認

精神科と心療内科はどちらも心を専門とする医療機関ですが、厳密にいえばその対象は少し異なっています。ただし精神科という言葉にネガティブなイメージがあり、受診しやすさの観点からあえて心療内科を名乗るケースも少なくありません。また、最近ではよりソフトな印象のメンタルヘルス科を掲げている例もよく見られます。そのため実際に受診する際には、インターネットなどで診療内容を確認してみた方が良いでしょう。病院やクリニックに直接電話をかけて、自分の症状を相談してみるのもおすすめです。

心療内科を梅田で見つける場合、多数の心療内科から選ぶことができるので、自分と相性の良い心療内科医に出会うのも難しくはありません。