ガーデニング霊園はどんなお墓?その魅力も紹介


ガーデニング霊園の特徴

終活という言葉が定着した近年では、自分らしいお墓を建てようとする方も増えてきました。そんな中で、花や緑に囲まれた場所に埋葬されたいと考える方から人気を集めているのがガーデニング霊園です。ガーデニング霊園とは、お墓の周囲が花の植栽で飾られたお墓のことを言います。緑に囲まれた墓地としては樹木葬もありますが、樹木葬では墓石を使わないのに対し、ガーデニング霊園では墓石を設置して納骨室に遺骨を納めるのが特徴です。ガーデニング霊園には、自分で植物の管理をするタイプと管理者が植物の手入れを行うタイプの2種類があります。自分で管理するタイプでは、故人の好きな花を植えられガーデニングを楽しめます。しかし、放置しておくとお墓があれてしまうので、定期的にお世話をしなければなりません。管理者がいるタイプは、自分で手入れをする必要がないので、定期的な訪問が難しいという方に適しています。

ガーデニング霊園の魅力

ガーデニング霊園の魅力は、気軽にお墓参りができることです。花や緑が豊富にあって明るい雰囲気がするので、公園に行くような気持ちでお墓に行けます。バリアフリー設計の霊園も多く、高齢の方でもお参りしやすいです。また、ガーデニング霊園は宗教や宗派を問わないケースが多いので、家族で宗教が異なっていても同じお墓に埋葬できます。注意点としては、霊園全体のお花の管理が必要なので維持費が高くなりやすいことが挙げられます。複数のガーデニング霊園を比較してみて、価格が適正であるかどうかチェックすると良いでしょう。

霊園のことならいせや