心療内科の気になるアレコレ!治療期間やかかるお金について


心療内科での治療期間

心療内科で治療する際に気になるポイントの一つに、治療にかかる期間が挙げられています。これは患者さんの症状や状態によって異なっており、ちょっとした生活習慣を改善するだけで症状が緩和する人もいれば薬物療法を利用して長期間治療しなければいけない人もいます。一般的には症状が軽い状態で治療を始めれば1年以内に完治するケースが多いのですが、症状が重くなればなるほど年単位で治療期間が必要とされるケースも少なくありません。このため短期間で治療をしたいと考えている場合は、症状が軽いうちに心療内科に相談することが大切です。

治療にかかる費用は治療内容次第

また、治療するにあたってどの程度の金額が必要になってくるのかという点を気にする人も少なくありません。心療内科を受診した際に全員が負担する金額として、診療代や検査代が挙げられます。また初めて心療内科を受診する場合は初診代、定期的に通院している場合は再診代がかかってきます。これらを総合すると初めて心療内科にかかった場合にかかる金額の相場はおよそ3千円から6千円、通院している場合は2千円から3千円程度だと言われているようです。ここに薬物療法などの薬の処方代がかかってくるともう少し費用負担が出てくることもありますし、治療内容によってはもう少し安く収まるケースもあります。

いずれの場合も心療内科の治療には健康保険が適用されるため、そこまで高額な金額を請求されるわけではありません。保険適応外の治療もほとんどないため、その点は安心して治療を受けることができます。

心療内科を新宿で探すメリットとして、駅からクリニックまでのアクセスの良さが挙げられます。クリニック数も他地域と比べ多いので、自分に合ったクリニックを探しやすいというメリットもあります。