心の病で悩んでいる人はどうすれば?心療内科の治療について


心療内科の治療の内容とは

大きなストレスが長く続き、体にも不調が出始めてしまった人は心療内科に行くことを検討してみましょう。精神科というものもありますが、精神科は主に心のみの症状の場合にかかるところで、吐き気がしたり寒気がするといった、体に影響が出ている人が行くのは心療内科です。行って話を聞いてもらい、どういった生活を送ればいいか、どういった気持ちを持てばいいかなどのアドバイスをもらえます。ただ、体がおかしくなるほどの症状の人が、話をするだけで治るということは中々ありません。当然ながら薬を処方してもらいます。多くは精神安定剤と、胃腸の薬、睡眠障害が出ているなら睡眠薬などが処方されるので、とりあえず体の不調は薬で抑制されます。

日々の生活の中で治していく

心療内科は話を聞いてくれて、薬を処方してくれますが、日々の生活の中で自分でも心の立て直しをしなければなりません。これはその人の症状によってやれる範囲が変わってきますが、例えば仕事上のストレスなら上司に相談して仕事を変えてもらうとか、休みをもらうとかいったことが考えられます。多くの場合、心療内科へ行くほど体に影響が出ている人は続けられないため、休むか辞めるかといった選択を迫られます。しかしここですぐに判断するのは後で後悔する可能性もあるので、辞めることを考えるならまずは休職を考えてみるとか、一気に全てを選択せず、薬を飲みながら様子を見ることが大事でしょう。特に精神安定剤は非常に効果が強いため、飲みながら働けるとしたらいきなり辞めてしまうことは非常にもったいないからです。

品川の心療内科の中には、治療方針についてメリット、デメリットを丁寧に説明してくれるところがあります。薬についても無理強いせず、説明の上、納得した上で処方してくれます。